不動産

業者を通さずに不動産売買は可能か

屋根が青い家

不動産業者に売買の仲介を依頼すると、物件価格の3%程度の仲介手数料を支払います。これって結構な出費ですよね。2000万円の土地であれば、およそ70万円の支払いになります。ではこれを節約するために不動産業者なしで売買することは可能でしょうか。答えは、売買自体は可能です。ただし、次のことを自分でやらなくてはなりません。
自分の土地を売却する場合を想定してみます。ひとつめは、自分で買い手を探さなければいけません。今なら、ネットの掲示板とか、SNSなどで募集することはできるかもしれません。自分で「売地」の看板を立てて買い手を待つこともできます。次に買い手が見つかれば、売買条件を交渉します。なるべく高く売るための交渉術も必要になりますね。さらには買い手に自分の土地がどんな土地なのか説明する必要があります。買い手が望むような使用方法がその土地でできるのか、市役所などで規制を調べます。これは慣れないと難しいですね。地下にガラやゴミが埋まっていないかどうか確認もしなければなりません。この辺りを怠るとあとから買い手から損害賠償を請求されかねません。
あとは司法書士の手配、測量が必要であれば土地家屋調査士の手配、契約書の作成、精算金の計算等が必要になります。すべて自分でやれば不動産業者は要らなくなります。でも一般の人がこれだけのことをやるのは少し荷が重いですよね。やはり「もちは餅屋」です。多少お金がかかっても不動産屋さんにお任せしたほうがよいでしょう。

ピックアップコンテンツ

屋根が青い家

業者を通さずに不動産売買は可能か

不動産業者に売買の仲介を依頼すると、物件価格の3%程度の仲介手数料を支払います。これって結構な出費ですよね。2000万円の土地であれば…

MORE
白い家

不動産購入時の大切なポイントについて

不動産を購入する際に重視したいチェックポイントは多々ありますが必ず押さえるべき事項が存在します。不動産と一概に言ってもマンションと戸建…

MORE
大きな家

不動産を購入する時の業者の選び方

不動産の購入を検討している方は、質の良いサービスを提供している業者を選ぶことでトラブルとは無縁で円滑に取引をすすめることが出来ます。特…

MORE
住宅

家を高く売りたい!いい不動産会社の探し方

「お家を売りたいけど何処の不動産会社に頼めばいいかわからない」家を売却するということは、家を購入する時ほど慎重にならなければいけません…

MORE